▲Back  
Asia meets Asia 2019 "Drifters"
Performer's Profile
   
Archana Kumar Dancer−Bangalore, India

幼少よりインド伝統カタックダンスの研鑽を積む。その後、
10年間アメリカにてコンタクトインプロビゼーション、モダンダンス、舞踏に触れ学ぶ。現在バンガロールを拠点に伝統と現代を融合するダンス様式を求め活動中。世界に敏感になることに意識を向け、近年は芸術教育の促進にも関わる。<AA>には2005年より参加。
   
Nitant Nair  Perormer--Delhi, India 

2011年バンガロール・Attakkalarセンターのムーブメントコースを卒業。以後多岐な現場で、演劇とムーブメントの活動に携わる。即興や様々なムーブメントの技術や身体性に関心を持つ。彼の源泉は自然からと、真に心を開き良い心持ちでいることを教えてくれる子供たちから感じとることである。<AA>には3回目の参加。
   
Bhuchung D Sonam   Poem--Delhi, India
was born in Tibet. In exile, he studied at the Tibetan Children’s Village School. He has published several books, including Yak Horns: Notes on Contemporary Tibetan writing, Music, Film & Politics and Songs of the Arrow. He lives in Dharamsala, a small town in northern India.
チベットで生まれ。 亡命中、チベット人の子供村の学校で学ぶ。ヤクホーンズを含む数冊の本を出版している:現代チベットの著作、音楽、映画と政治、そして矢の歌などについてのノート。 現在、インド北部の小さな町ダラムサラに住んでいる。
   
Yu Kai Actress, PerformerーShanghai, China
   
Songyi 양송이   Singer, Performer--Busan, Korea

大学では韓国語と韓国文学を専攻。小説も書き続けている。それに基づいて作詞した歌っを歌う。2015年音楽バンド'Traypeanut' を結成。第29回ユ・ジェバ音楽コンクール受賞。その他、舞台活動にて声や身体表現に関心を持つ。今回は韓国で起こった「龍山の悲劇」を捉え直してみたい。
   
Dumay Solinggay Poet--Baguio, Philippines

彼女はフィリピンの西ルゾン高山地域に住む固有の言語を持つ先住民族、カンカネイ人である。 今現在、現代社会に加わった先住民族の抱える矛盾を物語ることに興味を持つ。彼女の物語は織物・詩・パフォーマンスを通して展開される。バギオ市を拠点とする。<AA>初参加。
   
Lee Chi Man 李志文  Multi Performer--Hong Kong, China

多岐にわたり様々なパフォーマンス・アート集団と公演活動を行う。1995年より、アジア人民演劇フェスティバルやアジア小劇場芸術フェスティバルにてインド、ネパール、バングラディッシュ、タイ、台湾、東京などでの公演参加。現在、様々な商業的パフォーマンスに携わる。<AA>には2008年より参加。
   

原田拓巳     Takumi Harada   Dancer

舞踏家宇野萬に師事、現在ソロ活動。他多様なアーティストとのコラボやダンス・演劇公演に参加。「劇団DAM」、「アジア・ミーツ・アジア」の活動にここ10年以上関わる。時代の痛烈な速さに呑み込まれまいと身体がぶら下がる杭を打ちつつ、今起きていることに目を開き手足をもがいている、そんな身体です。

   

板垣朝子 Tomoko Itagaki   Dancer

幼少期よりモダンバレエをはじめる。日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業。2003年より木佐貫邦子に師事。これまでに上村なおか、笠井瑞丈などの作品に出演。自主企画の公演も多数あり、近年は60歳以上の方向けクラスも開講中。

   

花崎 攝 Setsu Hanasaki    Actress, Workshop cordinater

黒テント在籍中に、アジアの演劇人に出会い、多様な人たちと演劇する面白さにハマる。アジアとのプロジェクト、障害のある人たちとの演劇活動など継続中。最近の仕事に「家族をめぐるささやかな冒険」(世田谷パブリックシアターシアター主催)、「PAYO-たんぼ」(コーディリエラ・グリーン・ネットワーク)など。

   

中島彰宏 Akihiro Nakajima    Performer

2000年劇団DA・Mに入団。以来国内外の公演に参加。アジア・ミーツ・アジアでの共同作業も継続。釜山の劇団"SHIIM”との交流を深め、昨年インド・ツアーに参加。身体性と即興性を重視した舞台創作に取り組み、ソロ公演「アチャス Axes (2016) 美術・映像アーティストとのコラボレーションも行っている。


 

音楽大正琴:竹田賢一 Kenichi Takeda

1948年、東京生まれ、片肺日本人。電気大正琴弾き。〈A-Musik〉〈Musica Gialla〉などで、即興音楽、反ポップスを演奏。舞踏家、美術家、演劇人とも多くの協働作業を重ねる。2014年、蔚山文化祭典、18年、Asia meets Asiaインド・ツアーに参加。音楽批評集『地表に蠢く音楽ども』。