▲戻る
アジア・ミーツ・アジア<アジア・ツアー2012> 香港公演
Asia meets Asia <Asia tour 2012> in Hong Kong

Review   Japanese    ■Englishi
 



Unbearable Dreams6〜Hope 
10月5日

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 火曜日、私はアジア・ミーツ・アジア・フェスティバル2012の一環である「耐えられない夢6−希望」の観劇に招待された。それはアジア中のアーティストが連携したフェスティバルだ。今年のフェスティバルには東京、台北、香港、上海、カブール、バンガロール、バンコクからの参加者が含まれていた。今週末にかけて数公演が行われる予定だ。この公演の有機的な性格ゆえに、今晩私が見た公演と同じものを、これから見る人が見ると保証することはできない。

「希望」は気の弱い人や内気な観客むきではない。それは、高度な演劇的な価値やアヴァンギャルドな傾向の演劇作品を享受する観客向きである。高度な演劇的な動き、強力な絵画性、言語のタペストリーにあふれ、しかも完璧なまでの筋(プロット)の欠如…私はその夜、「希望」の特色を存分に楽しんだ。他の観客はひどく混乱し、ある人たちはひどい公演だと思ったことを私は知っているが、 それは趣味の問題に帰着するのだと思う。
 
 この公演には、私が今まで観客として見たことのないことにかかわるある偉大なものがある。ひとつは五感すべてを使っていること。視覚と聴覚に訴えるのは演劇芸術ではたやすい。触覚に関しては、水、粉、ときに泡立てクリームで訴えかける。嗅覚には、舞台裏で火が仕掛けられ、第3シーンのほとんどの間、はっきりした刺激臭が劇場を漂っていた。味覚については、ある女優が石を食べ、吐き出し、観客に供するのだ。それらを後で舐め、味わうようにと。私は今まで、ひとつのグループによって、一度にすべての感覚に、ここまで徹底的に訴えかけられるのを見たことがない。ブラボー。
 
 このグループには、演劇性の限界を押し広げようとするある非常に勇気あるアイディアがあると思う。ひとりのパフォーマーが骨に見立てて蛍光灯を装着し、暗闇の中で伝統的な中国の踊りを踊るシーンを楽しんだ。それは舞台で魅力的な効果を生み出し、私のお気に入りのシーンだった。その場面での音楽もまた美しかった。舞台裏で楽器を演奏した人の仕事はすばらしかった。演奏者の姿をみることはできなかったが、すばらしい音楽を奏でたものだ!
 
 また、私は台湾の鄭志忠のパフォーマンスをほんとうに楽しんだ。はじめに言っておきたいのは、このことを自分が善人でありたいからとか、上から目線で語っているのでは全くないということだ。正直に言って、私は公演の4分の3くらいまで、そのパフォーマーが障がい者であるとは思っていなかった。彼のからだをねじ曲げ捩るさまには、ただ驚かされるし、うずくまり、首を傾ける鳥のような姿には、実際(いい意味で)ぞっとする。どうか遠慮せずに賞賛を受けてほしいと彼に請いたい。あなたは驚くべきパフォーマーであり、自分の仕事を誇るべきだ。あなたは今夜すばらしいパフォーマンスをしたと思う。
 
 今夜の公演は全編にわたって、とくに明記するに値する鮮やかなイメージで満たされていた。たとえば、プレ公演の間(終盤)の紙ゴミ男、懐中電灯のシーン、サンダルを使用したアイススケートリンクの創造、最後のイメージとして、バランスを取りながら(パフォーマーのからだに)置かれた紙テープ(蛍光塗料)で巻かれた石たちがつくり出した星の情景。公演は鮮やかな演劇的なイメージに溢れ、それらはあらゆるアーティストに、次の作品でできることは何か、とまさに熟考を促すだろう。
 さて、私は通りを歩いているごく普通の人にこの公演を薦めるだろうか?答えはノーだ。筋もなく、一貫した登場人物もいない、テーマもない、そして、ごく普通の人たちはおそらく好まないだろう。不条理演劇を享受する真摯なアーティストにはどうか?絶対に薦める。この公演は芸術を愛する観客を要求するのだ。私はこの公演はすばらしいと思う。これまで見たことのない何かを見せてくれたからだ。しかし、その美にもかかわらず、そこにはほとんど韻律はなく、彼らの狂気の理由もない。その公演は週末にShek Kip Mei のJCCAC でおこなわれる。もし見てみようという勇気のある人は、試してみなさい!
注)今日の公演には第2部「狂人日記」もあり、それは土曜日の8時からも上演される。その作品は、あきらかに全く異なる作品で、今日の公演のコインの裏面をなすものだ。今日の公演のプログラムは中国語のみだった。もしも名前のスペルが間違っていても、それは意図的なものではありません。
hkELD Meaghan McGurgan

 


 

Asia meets Asia Asia Tour 2012 In Hong Kong
Review- Unbearable Dreams VI- Hope  5-10-12


 On Thursday I was invited to see Unbearable Dreams VI- Hope which was part of the Asia Meets Asia Festival 2012. It's a fusion festival of artists from all across Asia. This year's festival included participants from Tokyo, Taipei, Hong Kong, Shanghai, Kabul, Bangalore and Bangkok. There will be several performances over this weekend. Due to the somewhat organic nature of this production I cannot guarantee that you'll see the same show I saw tonight.

Hope is not for the faint of heart or shy audience members. It is a show for audience members who appreciate theatre pieces with high theatrical value and avant garde tendencies. Full of high theatrical movement, strong pictures, a tapestry of languages and a complete lack of plot... I thoroughly enjoyed my night with the cast of Hope. I know other members of the audience were really confused and some thought the show was terrible but I think the show comes down to a matter of taste.

This show has some great things about it that I have never seen before as an audience member. One, it used all five of the senses. Sight and hearing are easy to hit in the theatrical arts. With touch, they hit the audience with water, flour, and occasional whip cream. With smell, they set something on fire back stage that filled the house with a positively acrid odor for most of the third scene. For taste, an actress ate rocks, vomited them up and then offered them to audience to lick and taste afterwards. I have never seen all the senses so thoroughly hit by one company at once. Bravo.

I thought this company had some very brave ideas about pushing the limits of theatricality. I enjoyed the piece where the fluorescent tubing was used as bones on one of the performers and he performed a traditional chinese dance while in the dark. It made a stunning effect on stage and was one of my favorite moments. The music was beautiful in this part as well. Great job to whom ever was playing the instruments backstage - I couldn't see you but you did a great job!

I also really enjoyed the performance of Chen Chih-Chung of Taiwan. First of all, I am not saying this to be super nice or patronizing in any way. I honestly had no idea this performer was disabled until about 3/4 the way through the production. His way of contorting his body around is simply astonishing to watch and his bird like posture when he crouches and tilts his head is actually very creepy (in a good way). I beg him, please don't be shy about taking your bow. You're an amazing performer and should be proud of your work. I thought you did an amazing performance tonight.

This show was full of some brilliant images throughout the night that deserve special highlighting: the paper rubbish man (a la Endgame) during the pre-show, the flashlight scene, the creation of an ice-skating rink using flip-flops and the balanced rocks with the spike tape used to create the star scape for the last image. The show was filled with brilliant theatrical imagery that would make any artist really contemplate what they could do with their next piece.

Now, would I recommend this show to the every day Joe off the street? No. It has no plot, no characters, no theme and they probably wouldn't like it. Would I recommend it to a serious artist who appreciates theatre of the absurb? Absolutely. This show demands an art loving audience. I think it's brilliant because it showed me some things I've never seen before. But there was very little rhyme or reason to their madness, despite its beauty. It's playing through the weekend at the JCCAC in Shek Kip Mei. If you think you're brave enough to take it on, go check it out!

NOTE: There is also a 2nd part to tonight's show called A Madman's Diary that will be playing at 8pm Saturday. It is apparently completely different and the opposite side of the coin to tonight's presentation. The program for tonight's presentation was provided in Chinese only. No offense is meant if names are mispelled.
hkELD Meaghan McGurgan
http://www.hkeld.com/articles/view/review-unbearable-dreams-vi